Swiftの学習方法って何がある?おすすめの本や講座、スクールを紹介

  • URLをコピーしました!
この記事の監修
テルプロ
東京都在住のアプリエンジニア。大学では、ソフトウェア開発の研究に取り組む。長期のエンジニアインターンシップを経て、実務スキルを磨き、現在はフリーランスエンジニアとしても活動中。メインはモバイルアプリ開発。IT関連の記事監修も行い、技術の共有と普及に貢献している。監修実績(レバテックフリーランス / CARRER BIBLE 他)

Swift学習に興味があるけど、何から手をつければ良いかわからないと悩んでいませんか?

Sensor Towerによると、2022年の世界のApp StoreとGoogle Playストアでのアプリのダウンロード件数は369億件に達しました。市場の拡大と共に、Swiftを用いたiOSアプリ開発への関心も高まっています。

Swiftのスキルを身につけることは、あなたのキャリアアップに大きく貢献するでしょう。

今回は、初心者でも始めやすい「Swiftの学習方法」を具体的にご紹介します。本記事を参考に、自分に合った学習プランを作成し、スキルアップに役立ててください。

目次

Swiftが初心者におすすめな3つの理由

一般的にエンジニアリングは難しいイメージがありますが、Swiftは初心者におすすめされる言語です。ではなぜ、Swiftが初心者に適しているのでしょうか?

Swiftが初心者におすすめな理由は、以下の3つです。

  • 学習曲線が緩やか
  • 充実したライブラリ
  • iOS開発に最適化

それぞれ解説します。

学習曲線が緩やか

Swiftはその文法が他の多くのプログラミング言語に比べてシンプルで直感的な設計になっています。

たとえば、Pythonのようなスクリプト言語と同じように、セミコロンなどの細かい文法を気にする必要が少ないため、初心者でも容易にコードを書き始めることができます。

また、Swiftは型安全な言語であるため、変数の型が間違っていないかなど、コンパイル時に多くのエラーを検出することができ、バグの発見が容易になります。

充実したライブラリ

SwiftはAppleが開発しており、そのライブラリやフレームワークはiOSやmacOSのアプリ開発に特化しています。

たとえば「SwiftUI」や「UIKit」などのUI作成のためのライブラリ、Core DataやRealmなどのデータベース操作のためのライブラリなど、多くの機能が用意されています。

これらのライブラリを利用することで、難易度の高い処理も簡単に実装することができ、学習のスピードを上げることができます。

iOS開発に最適

SwiftはiOSのアプリ開発に特化した言語であり、Appleが提供する強力な開発環境「Xcode」と密接に連携しています。

これにより、デバッグやUIデザイン、パフォーマンスチューニングなど、アプリ開発に必要な多くの作業を効率的に行うことができます。

また、Appleの新しい技術やフレームワークは通常Swiftで最初に提供されるため、最新のiOS機能を積極的に活用したアプリ開発が可能です。

Swift開発に必要なスキルセット

開発者として自分に何が必要で、何が足りないのかを把握することは、目標に向かってより効率的に進むための重要なステップです。

Swift開発に必要なスキルは大きく分けて3つあります。

  • Swiftプログラミング言語に関する知識
  • UI/UX設計に関する知識
  • iOSフレームワークの理解

それぞれ解説します。

Swiftプログラミング言語に関する知識

Swift開発者にとって、Swiftの構文や概念についての理解は必須です。それにより、Swiftを用いて効率的で明瞭なコードを書く能力が求められます。

UI/UX設計に関する知識

Swiftは主にiOSアプリケーションの開発に使用されるため、ユーザーフレンドリーで洗練されたUI/UXを設計する能力も必要とされます。

ユーザーに優れた体験を提供できるかどうかは、アプリが市場で成功を収めるか否かに直結します。

iOSフレームワークの理解

Appleが提供するiOSフレームワーク(UIKit、SwiftUIなど)の理解も重要です。これには、フレームワークの特性やAPIの使い方、そしてiOS特有の機能へのアクセス方法などが含まれます。

「どのようにしてSwiftとiOSフレームワークを用いるか」を素早く把握し、それに基づいて適切な決定を下す能力は、すぐに成果を出すSwift開発者にとって重要な指標となります。

《初心者向け》おすすめのSwift学習方法4選

では実際に、Swift開発のスキルを高めるにはどのような学習に取り組めば良いのでしょうか。

ここでは、初心者におすすめのSwift学習方法を4つ紹介します。

  • 書籍で学ぶ
  • Udemyで学ぶ
  • Swift Playgroundsで学ぶ
  • プログラミングスクールで学ぶ

それぞれ詳しくみていきましょう。

①書籍で学ぶ

書籍で学習する主なメリットは、以下の3点です。

  • 豊富な情報が網羅されている
  • 専門家による信頼性の高い内容
  • 自分のメモを直接本に記録できる

以下で、Swift学習におすすめの書籍を3冊ご紹介します。

詳解 Swift 第5版

楽天Kobo電子書籍ストア
¥3,630 (2024/07/23 20:49時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

この参考書は、Apple開発者が必ず知っておくべきSwiftおよびSwiftUIについて、詳細かつ総合的に解説しています。Swiftの新機能から、SwiftUIの記法とその技術的な背景まで、現在のSwiftプログラミングに必要な全ての情報が詰まっています。

[改訂新版] Swift実践入門

楽天Kobo電子書籍ストア
¥3,520 (2024/07/23 20:49時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

この参考書は、Swiftの言語仕様と実践的な使用方法について包括的に解説した初心者向けのガイドブックです。Swift 4のバージョンにも対応しており、言語仕様の理解と正確な使用法を重視しています。

[増補改訂第3版]Swift実践入門

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

この参考書は、Swiftの言語仕様とその実践的な利用法を詳しく解説したガイドブックです。先ほど紹介した【改訂新版 Swift実践入門】は「2018年発売」ですが、こちらは「2020年発売」なので最新です。

▼関連記事

あわせて読みたい
【2024年版】Swift学習におすすめの本ランキング3選 近年のスマートフォンとアプリ開発の進化に伴い、SwiftはiOSアプリ開発に欠かせない存在になってきました。このため「Swiftを理解したい、学びたい」と考える方も増えて...

②Udemyで学ぶ

Udemyで学習する主なメリットは、以下の3点です。

  • 動画学習だから視覚的に理解できる
  • セクションごとに分かれているから自分のペースで学べる
  • 具体的なプロジェクトを通じて実践的なスキルを身につけられる

以下で、Swift学習におすすめのUdemy講座を3つご紹介します。

【Swift5対応】絶対に挫折しない!未経験者がゼロからiOSアプリを開発するための全て!

URL:https://www.udemy.com/course/swift5ios/

この講座は、「今から」Swiftを学び始める方に最適です。Swiftを使ったモバイルアプリ開発や、プログラミング言語の基本を学ぶことができます。Swiftの仕組みを理解したい方にぴったりです。

営業からフリーランスのiOS/Androidエンジニアに転身し、7年以上の現場での開発経験を持つ講師が作成したもので、その豊富な知識と経験を反映した内容となっています。

講師自身も、ヘルスケアカテゴリで高評価を得ている個人のiOSアプリ(ストア平均評価: 4.7、評価数: 2000件以上、累計DL数: 5万以上)を運営しており、その知識も盛り込まれています。

\30日以内なら返金無料/

【iOS/Xcode】Swiftで学ぶiPhoneアプリ開発講座 プログラミング未経験者から開発者へ

URL:https://www.udemy.com/course/ios11basics/

この講座は、「自分のアプリを作りたい」という目標を持つ方に最適なコースです。

初心者でも理解しやすい形でSwiftの基礎から学べ、発展的な技術としてデータベース管理やログイン、アカウント管理、クラウドサーバーを用いたデータ通信なども習得できます。

実際に作れるように重視された説明が行われており、プログラミング未経験者からスタートし、徐々にレベルが上がっていきます。最終的には、ネットワーク通信を用いたチャットアプリを完成できます。

わからないことがあれば、Q&Aで質問することも可能で、初心者の方でも挫折せずに学び続けられます。

\30日以内なら返金無料/

【6日で速習】iOS 13アプリ開発入門決定版 20個のアプリを作って学ぼう(Xcode 11, Swift 5対応中)

URL:https://www.udemy.com/course/ios11basics/

この講座は、20以上の実践的なアプリ開発を通じて、画面レイアウト、画面遷移、処理の実装手順、オートレイアウト設定など、アプリ開発に必要な知識を学べるコースです。

現役のITエンジニアであり、Udemyで既に2万人以上にプログラミングを教えてきたベテラン講師が、初心者にも理解しやすい形で詳しく解説しています。

また、ARKitやCoreMLなどの最新機能についても詳しく学ぶことができます。

特にCoreMLでは、TensorFlowやScikit-learnで作成した学習モデル(AI)をiOSアプリに取り込む方法を学びます。さらに、コンピュータービジョンや自然言語処理などのライブラリも扱います。

\30日以内なら返金無料/

▼関連記事

あわせて読みたい
【2024年版】Swift学習におすすめのUdemy講座6選《言語別》 スマートフォンとアプリ開発の進化に伴い、SwiftはiOSアプリ開発の主要な言語となっています。そこで「Swiftについてより深く理解したい、学習したい」という方も増えて...

Swift Playgroundsで学ぶ

Swift Playgroundsを利用する主なメリットは、以下の3点です。

  • インタラクティブな学習環境で視覚的に理解できる
  • レッスンごとに分かれているから自分のペースで学べる
  • 実際のコーディングを通じて実践的なスキルを身につけられる

Swift Playgroundsとは

出典:https://www.apple.com/jp/swift/playgrounds/

SwiftPlaygroundsは、Appleが提供するSwiftの学習ツールであり、コーディングを楽しみながら学べる画期的なプラットフォームです。

SwiftPlaygroundsを使用することで、iOS, macOS, watchOS, tvOSといったAppleの全プラットフォーム向けのアプリ開発の基礎をこれ1つで学ぶことができます。

その学習効率の高さから多くのプログラミング初学者、Swiftに興味を持つ人々に支持されています。

▼関連記事

あわせて読みたい
Swift Playgroundsでできることって何?できないことや使い方も解説 この記事を閲覧しているあなたは「SwiftPlaygroundsでできることを知りたい」と思っているでしょう。 しかし、Swiftやその他のプログラミングについてある程度知識がな...

④プログラミングスクールで学ぶ

プログラミングスクールで学習する主なメリットは、以下の3点です。

  • 実践的なカリキュラムに沿って学べる
  • 質問や疑問を専属のメンターに尋ねられる
  • 他の学習者との交流を行いながら、学習のモチベーションを保てる

以下で、Swiftが学べるプログラミングスクールを2社ご紹介します。

侍エンジニア

出典:https://www.sejuku.net/

侍エンジニアでは、各学習者のニーズに合わせたオーダーメイドのプログラミング教育を提供し、Swiftを含むさまざまなプログラミング言語に対応しています。

このスクールの特徴は、個々の学習者の希望や目標を踏まえたカスタマイズ可能なカリキュラムと、疑問や問題が生じた際に現役エンジニアから直接、リアルタイムでサポートを受けられるところにあります。

わからないことがあったり、エラーに遭遇したりした場合でも、チャット機能を通じて即座にサポートを受けられるので、安心して学習を進められます。

無料相談の予約はこちら

\ 経済産業省認定スクール

テックアカデミー

出典:https://techacademy.jp/course/iphone

テックアカデミーのiPhoneアプリコースは、Swiftを中心に多様なiPhoneアプリの作成を学びます。

期間中には4つのアプリを制作し、実際にAppStoreに公開する実践的な体験が得られます。加えて、自身のアイデアからオリジナルアプリを作成することで、アプリの企画力も養うことができます。

これらの制作物は、就職やフリーランスの案件獲得に活用可能な実践的なポートフォリオとなります。

無料相談の予約はこちら

\ 経済産業省認定スクール /

▼関連記事

あわせて読みたい
Swift学習に最適なプログラミングスクール3選 – 選び方のポイントとは? 世界中のプログラマーが技術の可能性を追求し、日々進化する技術と新たなフレームワークの出現により、競争はますます激化しています。 特に注目を集めているのが、Appl...

Swiftの将来性・動向

この記事を読んでいる方の中で、Swiftエンジニアの将来性について気になっている人も多いでしょう。

結論として、Swiftの将来性は非常に明るいといえます。

まず、SwiftはAppleが開発した直感的で権威のある言語で、すべてのApple製品のアプリ開発に使われています。古いObjective-CからSwiftへと移行が進む中、iOS開発でのSwiftの人気は増し続けています。

その実証として、Eventbrite、Kickstarter、LinkedIn、Twitter、WhatsAppなどの世界的な大手企業が既にSwiftを積極的に採用しています。

もちろん日本におけるSwiftの市場価値も高いです。大手プログラミングスクール「SAMURAI」によれば、Swiftを扱うエンジニアの平均年収は全プログラミング言語の中で最も高い469万円とされています。

エンジニアの年収、言語別トップはSwiftの469万円、SAMURAIが調査

特に経験とスキルがあれば、年収1000万円超も十分に視野に入るレベルです。これは、Swiftのスキルが市場から高く評価され、大いに求められている証です。

▼関連記事

あわせて読みたい
Swiftに将来性はある?やめとけと言われる4つの理由と向いている人を解説 ITに詳しい方であれば、Swiftというプログラミング言語のことはご存知でしょう。 しかし、実際にその性質やその将来性について具体的に知っている人はそれほど多くない...
あわせて読みたい
Swiftエンジニアの年収はいくら?海外との比較も紹介 近年のモバイル開発の世界において、地位を確立している言語が「Swift」です。 その効率性と使いやすさから、Swiftを用いた開発への需要は年々高まっており、それに伴っ...

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、初心者向けのSwift学習方法として、おすすめの本や講座、スクールをご紹介しました。

Swiftに少しでも興味があるという方は、これらの学習方法をぜひ参考にしてみてください。この記事が、あなたに合った学習プランを決める際の役に立っていれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

テルプロのアバター テルプロ アプリエンジニア

東京都在住のアプリエンジニア。大学では、ソフトウェア開発の研究に取り組む。長期のエンジニアインターンシップを経て、実務スキルを磨き、現在はフリーランスエンジニアとしても活動中。主にモバイルアプリの開発に従事しており、プロジェクトに深く関わっている。IT関連の記事監修も行い、技術の共有と普及に貢献している。

目次