Flutterの学習方法って何がある?おすすめの本や講座、スクールを紹介

  • URLをコピーしました!
この記事の監修
テルプロ
東京都在住のアプリエンジニア。大学では、ソフトウェア開発の研究に取り組む。長期のエンジニアインターンシップを経て、実務スキルを磨き、現在はフリーランスエンジニアとしても活動中。メインはモバイルアプリ開発。IT関連の記事監修も行い、技術の共有と普及に貢献している。監修実績(レバテックフリーランス / CARRER BIBLE 他)

Flutter学習に興味があるけど、何から手をつければ良いかわからないと悩んでいませんか?

Sensor Towerによると、2022年の世界のApp StoreとGoogle Playストアでのアプリのダウンロード件数は369億件に達しました。市場の拡大に伴い、アプリ開発におけるFlutterへの関心も高まっています。

Flutterのスキルを身につけることができれば、あなたのキャリアを広げることができます。

今回は、初心者でも始めやすい「Flutterの学習方法」を具体的にご紹介します。本記事を参考に、自分に合った学習プランを作成し、スキルアップに役立ててください。

目次

Flutterが初心者におすすめな3つの理由

エンジニアリングの世界は一般的に難しいイメージがありますが、Flutterは比較的初心者にもおすすめされるフレームワークです。では、なぜFlutterが初心者に適しているのでしょうか?

Flutterが初心者におすすめな理由は、以下の3つです。

  • 学習曲線が緩やか
  • 豊富なパッケージ
  • 多様なプラットフォームで使用可能

それぞれ解説します。

学習曲線が緩やか

他のフレームワークと比較して、Flutterの学習曲線は格段に緩やかです。これはFlutterが使用するDart言語の直感的な文法と、視覚的に見て理解しやすいウィジェットベースの設計によるものです。

これらの特性により、初めてプログラミングに触れる人でも容易に取り組むことが可能であり、経験者でも新たな技術の習得がスムーズになります。

豊富なパッケージ

他のフレームワークと比較して、Flutterの学習曲線は格段に緩やかです。これはFlutterが使用するDart言語の直感的な文法と、視覚的に見て理解しやすいウィジェットベースの設計によるものです。

これらの特性により、初めてプログラミングに触れる人でも容易に取り組むことが可能であり、経験者でも新たな技術の習得がスムーズになります。

多様なプラットフォームで使用可能

最も重要な利点の一つが、Flutterが多様なプラットフォームで利用可能であることです。

一つのコードベースでiOS、Android、Web、さらにはデスクトップのアプリケーションまで開発できるという点は、Flutterを学ぶ大きなメリットと言えるでしょう。

これにより、学習した技術を幅広い環境で活用することが可能となります。

Flutter開発に必要なスキルセット

自分に足りないスキルが何かを理解することで、より効率的に目標に近づくことができます。

Flutter開発に必要なスキルは大きく分けて3つあります。

  • Dartプログラミング言語に関する知識
  • UI/UX設計に関する知識
  • Flutterフレームワークの理解

それぞれ解説します。

Dartプログラミング言語に関する知識

Flutter開発者としては、Dartの知識は必須と言えます。具体的には、Dartの構文や概念の理解、そしてその言語を使って効率的にコードを書けることが求められます。

UI/UX設計に関する知識

Flutterはモバイルアプリの開発に用いられるため、ユーザーフレンドリーなUI/UXの設計に関する知識も必要です。アプリがユーザーの期待を超える体験を提供できるか否かが、アプリの成功に直結します。

Flutterフレームワークの理解

Flutterの特性やライブラリを深く理解し、それを活用できることが求められます。これには、ウィジェットベースの設計概念やアニメーションの作成、ステート管理などが含まれます。

「どのようにしてFlutterを用いるか」を素早く決定できるか否かが、即戦力として活躍できるかどうかの指標になります。

早期の開発フェーズで成果を上げるFlutter開発者になるためには、上記の知識が必須と言えるでしょう。

《初心者向け》おすすめのFlutter学習方法4選

では実際に、Flutter開発のスキルを高めるにはどのような学習に取り組めば良いのでしょうか。

ここでは、初心者におすすめのFlutter学習方法を4つ紹介します。

  • 書籍で学ぶ
  • Udemyで学ぶ
  • 学習サイトで学ぶ
  • プログラミングスクールで学ぶ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①書籍で学ぶ

書籍で学習する主なメリットは、以下の3点です。

  • 豊富な情報が網羅されている
  • 専門家による信頼性の高い内容
  • 自分のメモを直接本に記録できる

以下で、Flutter学習におすすめの書籍を3冊ご紹介します。

プラットフォーム対応 最新フレームワーク Flutter3 入門

楽天ブックス
¥3,300 (2024/04/22 12:10時点 | 楽天市場調べ)

本書は、Googleの開発したクロス開発フレームワーク「Flutter」のインストールから、アプリ開発に必要な機能をひと通り解説した入門書です。この書籍は、Flutter3の学習に適した日本語の本で、比較的新しい情報を含んでいるため、本に従って作業を進めても問題が発生しにくいと評価されています。

基礎から学ぶ Flutter

bookfan 1号店 楽天市場店
¥4,048 (2024/04/22 12:11時点 | 楽天市場調べ)

本書は、Googleが開発したUIツールキット「Flutter」について、基本からの応用まで丁寧に解説された1冊です。開発環境の構築からDartの基本はもちろん、内部構造やパフォーマンスチューニングなどについても詳しく解説されています。Flutter開発に必要な技術が網羅されているので、初心者に最適です。

Flutter モバイルアプリ開発バイブル

楽天ブックス
¥3,509 (2024/04/22 12:11時点 | 楽天市場調べ)

本書は、Googleが開発しているモバイルアプリケーションSDK、Flutterの実践解説書です。iOS/Androidなどクロスプラットフォームで動作するモバイルアプリの開発者を対象にして、全体感を踏まえた基礎的な部分から実践的な概念や実装に至るまで、丁寧に説明されています。

▼関連記事

あわせて読みたい
【2024年版】Flutter学習におすすめの本ランキング5選 近年のスマートフォンの普及により、Flutterはモバイルアプリ開発に不可欠な存在になってきました。それに伴い、「Flutterを理解したい、学びたい」と考える方も増えて...

②Udemyで学ぶ

Udemyで学習する主なメリットは、以下の3点です。

  • 動画学習だから視覚的に理解できる
  • セクションごとに分かれているから自分のペースで学べる
  • 具体的なプロジェクトを通じて実践的なスキルを身につけられる

以下で、Flutter学習におすすめのUdemy講座を3つご紹介します。

【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】

引用:https://www.udemy.com/course/flutter_starter/

本講座は、Flutterを「今から」始める人に最適なコースです。Flutterを使ったモバイルアプリ開発や、プログラミング言語の記述の基礎を学ぶことができます。Flutterの仕組みを知りたい方に最適です。

\30日以内なら返金無料/

【Flutter】UI開発でよく使うWidget50選

引用:https://www.udemy.com/course/flutter-widget/

本講座は、FlutterでUIを作成する際に不可欠な『Widget』をまとめて学べるコースです。Youtubeチャンネル「Flutter ラボ」が監修しており、よく使うWidget50選の使い方を一つずつ解説してくれます。

\30日以内なら返金無料/

FlutterとFirebaseをSNS作成を通じて基礎から応用までステップアップする

引用:https://www.udemy.com/course/flutterfirebasesns/

本講座は、2022年9月に発売されたFlutter3対応の比較的に新しいコースです。Firebaseと連携し、SNSに必要な機能を一通り開発しながら、最終的にはAWSやSendgridのAPIも使えるようになります。

\30日以内なら返金無料/

▼関連記事

あわせて読みたい
【2024年版】Flutter学習におすすめのUdemy講座6選《言語別》 スマートフォンの進化と共に、Flutterはモバイルアプリ開発の主流になってきています。そこで「Flutterについて理解を深めたい、学習したい」という方も増えてきたので...

③学習サイトで学ぶ

学習サイトを利用する主なメリットは、以下の3点です。

  • サイト内のコミュニティの仲間と一緒に学べる
  • ビデオベースの学習で視覚的な理解を深められる
  • セクションごとに分かれてるから自分のペースで学べる

以下で、Flutter学習におすすめのサイトを3つご紹介します。

みんなのプログラミング

引用:https://minpro.net/

「みんプロ式」は、今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」による完全初心者向けスマホアプリ開発プログラミング講座です。

経験ゼロでもたった3ヶ月でiOS・Androidアプリが”いっぺんに”作れるようになるノウハウを約360本・30時間超の動画テキストに凝縮した完全初心者・挫折経験者専門プログラムになっています。

運営者である北川 博之さんは、アラフォー未経験からプログラミングを習得したという経歴を持っています。そのため、経験ゼロの初心者に寄り添った解説が「わかりやすすぎる」と評判を呼んでいます。

Flutterラボ

引用:https://flutterlabo.tech/beginner/

Flutterラボでは、動画で「Flutter・Dart・Firebase」に関するアプリ制作の技術を学ぶことができます。

Slackで質問可能。オンラインコミュニティで会員同士の知識共有を行うこともできる。毎週土曜日更新されるFlutterの最新情報が見放題。 スマホアプリでも視聴可能。

プログラミング初心者から経験者まで、誰でも気軽にFlutterが学べる環境が整っています。

Flutter大学

引用:https://flutteruniv.com/

Flutter大学は、エンジニア講師や利用者と一緒にFlutterを学べる学習コミュニティです。

共同勉強会、個人開発プロジェクトの発表会、オンライン交流会といった活動を通じて、同じFlutter学習者と頻繁に交流する機会が豊富にあります。

Flutter大学(Youtube)もあるので、まずはこちらをチェックしてみてください。

▼関連記事

あわせて読みたい
独学だと不安?Flutter入門におすすめの学習サイト3選をご紹介 スマートフォンのテクノロジーが進歩する中で、Flutterの需要が年々高まっています。このため「Flutterを学びたい、その理解を深めたい」と考える人が増えてきているの...

④プログラミングスクールで学ぶ

プログラミングスクールで学習する主なメリットは、以下の3点です。

  • 実践的なカリキュラムに沿って学べる
  • 質問や疑問を専属のメンターに尋ねられる
  • 他の学習者との交流を行いながら、学習のモチベーションを保てる

以下で、Flutterが学べるプログラミングスクールを2社ご紹介します。

侍エンジニア

出典:https://www.sejuku.net/

侍エンジニアは「受講生満足度No.1」の実績を誇る大手プログラミングスクールです。

1人1人の目的に合わせたオーダーメイドカリキュラムを提供しています。プログラミングやWebデザインのスキルを学びながら、現役エンジニアから最前線のノウハウを吸収できるのが魅力です。

他の大手プログラミングスクール(TechAcademyやTechCamp)では、Flutterを学べるコースがない中、侍エンジニアはFlutterを学べる数少ないスクールです。

無料相談の予約はこちら

\ 経済産業省認定スクール

テックアカデミー

出典:https://techacademy.jp/

テックアカデミーでは、iPhone/Androidの独立したアプリ開発コースを提供しています。

期間中には4つのアプリを制作し、実際にストア上に公開する実践的な体験が得られます。加えて、自身のアイデアからオリジナルアプリを作成することで、アプリの企画力も養うことができます。

これらの制作物は、就職やフリーランスの案件獲得に活用可能な実践的なポートフォリオとなります。ネイティブ言語アプリの開発知識を付けてからFlutterに挑戦したい人におすすめです。

無料相談の予約はこちら

\ 経済産業省認定スクール /

▼関連記事

あわせて読みたい
Flutter学習に最適なプログラミングスクール3選 – 選び方のポイントとは? 世界中の開発者たちがプログラミングの可能性を追求し、技術の進化と新しいフレームワークの出現が日々進化する中、競争は激化しています。 その中でも注目を集めている...

Flutterの将来性・動向

テクノロジーの発展とともに、モバイルアプリの重要性が増してきています。

企業、教育機関、医療機関など、あらゆる業界でモバイルアプリが活用されており、特にスタートアップでモバイルアプリを活用した事業の創出が行われています。

Stack Overflow」の2022年の開発者調査によれば、Flutterは開発者の中で最も人気のあるクロスプラットフォームフレームワークのトップ2に位置しており、12.56%の開発者が主要な選択肢としています。

しかしながら、その需要に対して供給は追いついないのが現状です。Flutterは比較的新しいフレームワークであり、十分な経験を持つエンジニアが少ないことが背景にあります。

そのため、Flutterエンジニアは今後ますます求められる存在といえます。

▼関連記事

あわせて読みたい
Flutterに将来性はある?やめとけと言われる4つの理由と向いている人を解説 プログラミングの世界に触れたことがある人なら、Flutterという言葉を聞いたことがあるでしょう。 しかし、その実態や将来性について詳しく知らない人も多いのではない...
あわせて読みたい
Flutterエンジニアの年収はいくら?海外との比較も紹介 近年のモバイル開発ブームにおいて、特に注目を集めている技術が「Flutter」です。 その利便性と効率性により、Flutterを使った開発への需要が高まり、それに伴いFlutte...

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、初心者向けのFlutter学習方法として、おすすめの本や講座、スクールをご紹介しました。

Flutterに少しでも興味があるという方は、これらの学習方法をぜひ参考にしてみてください。この記事が、あなたに合った学習プランを決める際の役に立っていれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

テルプロのアバター テルプロ アプリエンジニア

東京都在住のアプリエンジニア。大学では、ソフトウェア開発の研究に取り組む。長期のエンジニアインターンシップを経て、実務スキルを磨き、現在はフリーランスエンジニアとしても活動中。主にモバイルアプリの開発に従事しており、プロジェクトに深く関わっている。IT関連の記事監修も行い、技術の共有と普及に貢献している。

目次